ホテルニュー奄美 宿泊約款
(本約款の適用)
第1条 当ホテルの締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款に定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については法令又は慣習によるものとします。
 当ホテルは前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じることができます。
(宿泊引き受け拒絶)
第2条 当ホテルは次の場合には、宿泊の引き受けをお断りすることがございます。
宿泊の申し込みがこの約款によらないものであるとき。
満室により客室に余裕がないとき。
宿泊しようとするものが、宿泊に関し法令の規定又は公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
宿泊しようとするものが、伝染病者であると明らかに認められるとき。
宿泊に関し特別の負担を求められたとき。
天災、施設の故障その他やむを得ない理由により宿泊させることができないとき。
宿泊しようとするものが、泥酔等で他の宿泊者に著し迷惑を及ぼすと認められるとき。
施設内において破損及び汚損と認められたとき。
宿泊者が著しく迷惑を及ぼす言動及び行為が認められたとき。
都道府県が定める旅行業施工条例の規定する場合に該当するとき。
(宿泊の登録)
第3条 宿泊日当日当ホテルにおいて次の事項を登録してください。
宿泊者氏名、住所、職業、連絡先。
外国人にあっては国籍、旅券番号、入国地、及び入国年月日。
その他当ホテルが必要と認めた事項。
(宿泊料金の支払い)
第4条 当ホテルの料金の支払いは、チェックインの際又は当ホテルが請求したとき、フロントにおいて行って頂きます。
宿泊者が客室の使用を開始しのち任意に宿泊しなかった場合の料金はご返金いたしません。
宿泊の支払いは現金(日本円)、旅行クーポン、指定のクレジットカード以外は受け付けておりません。
(ご利用時間帯)
第5条 宿泊客が当ホテルの客室を使用できる時間は、午後2時から翌朝10時までとします。但し連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。
(延長料金)
・1時間ごとに室料の20%になります。
・15時以降の延長は室料金の全額となります。
(予約の解除)
第6条 当ホテルは宿泊者が連絡をしないで到着予定時刻を2時間以上超えた場合は、その宿泊予約は解除されたものとみなし処理することがあります。
宿泊客の故意又は過失により当ホテルが損害を被った時は、当該宿泊客は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。
別表第1 宿泊料金などの内訳
内    容
宿泊者が払うべき総額 宿泊
料金
①基本宿泊料金
②サービス料金は頂きません
追加
料金
③飲食及びその他の利用料金
④サービス料金は頂きません
税金 ⑤消費税
別表第2 違約金…ホテル用
  契約申し
込み人数
契約解除を受けた日
当日 前日 7〜2日前
一般 5名迄 80% 20%
団体 6〜20名迄 80% 50% 20%
21〜49名迄 80% 70% 50%
50名以上 80% 80% 50%
注意* 不泊は人数にかかわらず100%の違約金となります。
⑴  %は、基本宿泊料に対する違約金の比率です。
⑵  契約日数が短縮した場合は,その短縮日数にかかわりなく、1日分(初日)の違約金を収受します。
⑶  団体客(5名以上)の一部について契約の解除があった場合、宿泊の10日前(その日より後に申し込みをお引き受けした場合には、そのお引き受けした日)における宿泊人数の10%(端数が出た場合には切り上げる)に当たる人数については、違約金は頂きません。
(宿泊者の責任)
第7条
宿泊者が当ホテルに掲示した利用規則に従わない為に発生した事故に関しては当ホテルはその責任を負いません。
フロントにおいて宿泊者の物品などを預かることもございますが、多額の現金、有価証券、美術品等の貴重品等は、宿泊者御自身においてご管理ください。尚、お預けになった品物が不可抗力による場合を除き滅失等の損害を被ったときに限りその損害を10万円を限度の補償とさせて頂きます。
宿泊者が当ホテル客室内にお持込になられた品物等は、宿泊者御自身でご管理ください。万一の紛失盗難に対して責任を負いかねますのでご注意ください。
フロントにおいて係員が受け取ったメモ、メッセージ、お預かり物等は速やかにお渡しするよう努めてはおりますが、伝達の不可、遅延などのトラブルにおいては一切責任を負いかねます。(フロントにおいてご確認ください。)
駐車場においては当ホテルは、場所の提供を行うものであり、車両管理責任を負うものではありません。ご理解のほど願います。
~宿泊契約締結の拒否~
第1 当ホテル(館)は、次に揚げる場合において、宿泊契約の締結に応じないのもとします。
宿泊しようとする者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はその関係者その他反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」という)であると当ホテル(館)が認める場合
宿泊しようとする者が暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であると当ホテル(館)が認める場合
宿泊しようとする者が法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者のあるもの
宿泊しようとする者が他の宿泊者に著しい迷惑を及ぼす言動をした場合
宿泊しようとする者が当ホテル(館)もしくはその従業員に対し、暴力的要求行為を行い、または合理的範囲を超える負担を要求した場合
~当ホテル(館)の契約解除権~
第2 当ホテル(館)は、宿泊者が次の事由に該当すると判明した場合、宿泊契約を解除するものとします。
暴力団等反社会的勢力
暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体
法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者のあるもの
他の宿泊者に著しい迷惑を及ぼす言動をした場合
当ホテル(館)もしくはその従業員に対し、暴力的な要求行為を行い、または合理的範囲を超える負担を要求した場合
~「宴会利用契約」締結の拒否及び解除~
第3 当ホテル(館)は、次に揚げる事由に該当すると当ホテル(館)が認める場合においては、宴会利用契約の締結に応じないものとします。また、宴会利用契約を締結した後に該当すると判明した場合は、契約を解除するものとします。
 1 宴会等に出席する利用客の中に次の事由に該当する者がいる場合
暴力団等反社会的勢力
暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体
法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者のあるもの
 2 当ホテル(館)の他の宿泊者に著しい迷惑を及ぼす言動をした場合
 3 当ホテル(館)もしくはその従業員に対し、暴力的な要求行為を行い、または合理的範囲を超える負担を要求した場合